AC101の農薬散布前テスト飛行のススメ

日頃よりAC101をご利用いただき、ありがとうございます。

夏の防除でAC101が活躍するシーンが増えてくる時期となりました。
散布の1週間前にテスト飛行を行うことで、散布当日のトラブルで適期を逃してしまうことを未然に防止できます。
テスト飛行の方法を動画にまとめましたので、事前にテスト飛行を行っていただくことをお勧めします。
手順を記事にしましたので、動画と一緒にご参照ください。

 
【テスト飛行のポイント】

①コンディションライトの確認
・緑色のライトが10回以上点滅するか
※黄色ライトの点滅は準備中の合図です。

②散布装置の確認
・散布装置のレバーを切り替えてエア抜き
・レバーを戻して水を出し、排出状態を確認
※水漏れが無いか確認してください。
※水が扇形に排出されていればOKです。

③機体の動作確認
・モーターの起動と停止
・自動離陸
・エレベータ前進
・エルロン左右
・エレベータ後進
・ラダー左右
・スロットル上下

④ABモードの動作確認(ABモードを使用する場合のみ)
・離陸前にABモードの設定をリセット
・アシストモードをオンにしてA地点、B地点を設定
・ABモードでの動作を確認
・アシストモードをオフ
・着陸後に再度ABモードの設定をリセット

 
上記の流れをまとめた動画も、合わせて是非ご覧ください。

 
テスト飛行を通して機体に異常がないかを確認し、安全な農薬散布を行えるよう、
引き続きよろしくお願いいたします。

SHARE

note