1バッテリーで2.5haを散布する動画を公開しました

AC101の購入者から圧倒的な評価を得ている1本のバッテリーで最大2.5haを散布可能なバッテリーの持ちについて、実際の散布動画を公開しました。AC101の液剤散布装置は8Lタンクですが、4Lずつ農薬を補給することで最大2.5ha散布することが可能です。

農薬の補給タイミング(今回はデモのため水を補給)や散布方法についてご覧いただけますので、是非ご視聴ください。

タンク容量を大きくすることも重要ですが、それ以上にバッテリーを長く持たせることの方が重要と考えています。

なぜならば、日本の圃場は飛び地が多く、狭い農道を移動しながら防除作業を進めるために、バッテリーの本数やそれを充電するための発電機をできるだけコンパクトにしたほうがよいからです。

農薬散布ドローンの初心者の方も、ベテランの方も、バッテリーには悩まされている方が多いと思います。飛び地となっている圃場を移動しながら散布する日本の農業現場に合わせて設計されたAC101を利用いただくことで、バッテリーの悩みを解消することができます。

また、バッテリー持ちが長いので充電器1台、バッテリー最低3本(できれば4本)あれば散布・充電のローテーションが可能となり、機体含めた一式を軽トラック1台にすっぽり収めることが可能です。

加えて、AC101の充電器はバッテリー2本同時充電、さらに片方は急速充電が可能です。

問い合わせ先
堤・鈴井・藤倉
agri@nttedt.co.jp

SHARE

note